医院案内
Clinic information


問診票

Tポイント

診療方針・スタッフ紹介

Treatment policy・Doctor/Staff

当院では、痛くない、削らない、抜かないを基本に患者さまと接しています。
この基本を実践するには、毎日のプラークコントロールと歯科医院での定期健診、PMTC(機械を用いた専門家による歯面清掃)が必要です。フッ素塗布を併用する事により、90%以上の虫歯、歯周病予防効果があります。生涯にわたって自分の歯だけで豊かな食生活を送るためにも一緒に協力させてください。
相談、状態の説明だけでも誠意をもっていたします。
医療法人社団 玲瑠会 ラウムデンタルクリニック
理事長 田口 智彦

平成8年日本歯科大学卒業

・日本口腔インプラント学会会員
・日本インプラント臨床研究会
・臨床歯周病学会会員
・ペンシルベニア大学 インプラントアドバンスコース卒業
・日本歯科人間ドッグ学会 認定医
・歯髄細胞バンク 認定医
・IORメンバー
・予防資格認定医

・川崎市歯科医師会員
・神奈川県歯科医師会員
・日本歯科医師会員

・川崎市立大戸小学校 学校医
・にじいろ保育園 園医
歯科医師臨床研修指導認定医 修了証書
歯科医師臨床研修指導認定医
歯髄細胞バンク認定医 修了証書
歯髄細胞バンク認定医
ペンシルベニア大学
インプラントアドバンスコース卒業
インプラントアドバンスコース卒業
小野芳子 歯科医師 小野 芳子
神奈川歯科大学卒業

・神奈川歯科大学付属病院 麻酔科勤務
・埼玉医科大学国際医療センター
 麻酔科 医科麻酔研修

・日本歯科麻酔学会 会員認定医
山路 朋子 歯科医師 山路 朋子
昭和大学歯学部卒業
藤田 俊哉 歯科医師 藤田 俊哉
日本歯科大学卒業

・歯科矯正専門医
・日本歯科大学生命歯学部 非常勤講師
寺澤 真祐美 歯科医師 寺澤 真祐美
昭和大学歯学部卒業

・日本老年歯科医学会 認定医
・臨床研修指導医
須川 祐里香 歯科医師 須川 祐里香
日本歯科大学卒業
福西 佑真 歯科医師 福西 佑真
日本歯科大学卒業
田上 理沙子 歯科医師 田上 理沙子
昭和大学歯学部卒業
原 隆蔵 歯科医師 原 隆蔵
昭和大学歯学部卒業


院内

Clinic tour

ラウムデンタルクリニック
ラウムデンタルクリニック
入口
入口
受付
受付
治療室
治療室
待合室
治療室

他にも、漂白専用のアルゴンレーザー、漂白やレジンを硬化させるプラズマレーザーなどを準備しております。


歯科用CT

歯科用CTデジタル処理歯科用CTとは、X線による断層撮影とそれをコンピューター処理する装置です。顔の周囲から方向や位置を変えながらX線を照射して撮影します。撮影したデータにコンピューター処理をして、3次元の立体画像や断面図にします。

従来のパノラマ撮影では平面画像しか見ることができません。このため得られる情報には限りがあります。歯科用CTでは神経や血管の位置や骨の厚みなど、立体での精密な情報がわかります。

歯科用CTのメリット

歯科用CT アールエフNAOMI-CTインプラント治療では顎の骨に穴を開ける外科手術を行なうため、顎の骨の状態や神経・血管の走行位置、骨密度などを知ることはとても大切です。
しかしこれらは歯茎の奥にあり、手術前に直接目で見ることはできません。

歯科用CTを使用してこれらを精密に診断することで、事前にインプラントを埋め込む位置を決めることができ、手術の安全性が高まります。また、手術時間の短縮や術後の痛み・腫れの軽減につながり、確実な治療を行なうことができます。

歯科用CTは、インプラント治療以外にもさまざまな場面で活用されています。

  • 抜歯するか否かの客観的判断
  • 根の先の病変の確認
  • 歯周病の診断
  • 親知らず抜歯前の診断(埋伏歯の状態の確認)
  • 矯正治療前の骨の位置・状況などの確認
  • など

歯科用CTの安全性

インプラント治療における歯科用CTが、いかに重要な役割を果たしているかおわかりいただけたかと思いますが、患者さまの中には撮影の際の被ばく量を心配される方も多いと思います。

歯科用CTの被ばく量は、胸部や胃のX線検査における被ばく量よりも少ない値です。
しかし被ばく量はゼロではありません。
医療とは常にメリットとデメリットを比較しながら最善の道を探していくものだと考えています。歯科用CTはメリットがデメリットを多く上回る場合にのみ用い、厳格な運用を心がけます。



院内感染予防対策

Infection control
  1. 待合室及び院内数ヵ所に消毒用アルコール設置
  2. 非接触型検温 消毒機設置
    受付にて患者様に「体温測定」して頂いております。

  3. 受付では、飛沫防止用パーテーション越しでの対応になります。

  4. ドクター及び診療スタッフのフェイスシールドの着用

  5. 待合室の椅子の清拭(次亜塩素酸水による)

  6. 診療開始前の次亜塩素酸水によるうがい
  7. 診療後の医院内、ユニットの消毒
  8. 常時換気、診療室の天井には大型空気清浄機設置

  9. 使用する医療器具は全て滅菌や薬液消毒をし、紙コップ、紙エプロン、グローブ、注射針、麻酔カートリッジ、メスの刃は、使い捨ての徹底を行っています。

  10. スタッフの体調も毎日の検温で確認
    スタッフは、体調管理表に体温を記入してから勤務に入ります。

治療機器の滅菌・洗浄

高圧蒸気滅菌機(オートクレーブ)

患者様のお口に入る器具等は、高圧蒸気滅菌機(オートクレーブ)にて完全滅菌しております。

超音波洗浄機

超音波洗浄機にて手洗いで落としきれない器具の内部まで確実に洗浄します。

i Clave mini(ハンドピースを滅菌する機器)

i Clave miniでハンドピースの内部まで徹底的に洗浄します。



お子様をお連れの患者さまへ − 託児所のご案内

Day nursery

提携している託児所 ウパウパハウスのご案内です。(治療中は無料です)

ウパウパハウスご利用の注意点

  • ウパウパハウス(託児所)をご利用される場合には、こちらでお渡しする整理券が必要となります。お手数ですが、必ずお子様を預けられる前に歯医者での手続きを行って下さい。(手続きは1分程度で終わります)
    整理券がない場合は有料となってしまいますので予めご了承下さい。
  • また、ご予約のお時間には診療を始められる状態でいられるように、ご予約のお時間の5〜10分くらい前にご来院下さいますようお願いします。お時間に遅れてしまいますと、ご利用をお断りさせていただく場合もあります。
  • ご利用いただけるのは診療時間内のみです。終わり次第、歯医者からウパウパハウス(託児所)へご連絡させていただきます。それ以降のご利用は患者様のご負担となります。

ウパウパ

医院案内 治療案内 さまざまなお口の問題 予防、治療法の紹介