妊娠と歯の治療について
1

妊娠も出産も、生理的な営みですので、基本的に歯科治療でやってはいけない処置はありません。
ただし、母胎も胎児も複雑な変化を持った生理現象の持ち主ですので、影響を出来るだけ少なくすることが必要です。
当医院では、必要性を考慮した上で、十分に注意して診療いたしております。


治療の時期について

一般に削ったり詰めたり、歯石を取るなどの簡単な処置は、いつ行っても特に問題となることはありません。
それ以上の治療(抜歯や切開を必要とするものなど)は、安定期である4〜6ヶ月の間に行った方が安全です。(妊娠初期の2〜3ヶ月は流産しやすく、妊娠後期の8ヶ月以降では早産の可能性があります)


X線撮影について

歯科でのX線撮影1枚による生殖腺への線量は、妊娠初期の奇形発生線量(X線撮影で最も注意しなければならないこと)の10,000分の1以下です。
当医院では、より危険性を少なくするために、X線防護用のエプロンを使用し、必要最低限の枚数での撮影を行っております。


麻酔の注射について

極少量の麻酔液を局所的に用いますので、母胎並びに胎児への影響は特に問題となることはありません。


薬の服用について

強い炎症、痛みによるストレス、栄養摂取への障害等、薬を飲んだ方が母胎や胎児にとって良い場合に限り、少量を短期間の間、服用していただくことがあります。使用する薬剤は長年使用されて、その安全性が高いとされているものです。

歯科治療の内容は、状態によっては除痛を目的とした対処的処置の範囲にとどめておいて、出産後の安定した状態になってから再処置を行った方がよい場合もあります。


妊娠中のお口の管理

将来お子様のお口の中に住み着く細菌は、お母さんのお口の中にいる菌が感染して定着したものが多いことが知られています。
お母さんのお口の中に強い虫歯菌がいない方が、出産後、お子様の虫歯予防の苦労も少なくてすみます。妊娠から出産、育児とお母さんにとっても大変な時期ですが出来る範囲でがんばっていきましょう。

妊娠の方、もしくは妊娠している可能性のある方は、診療をお受けになる前に必ずお申し出ください。
また、治療に際し、疑問や質問などございましたら、遠慮なくスタッフにお尋ねください。


妊娠中の歯科治療 Q&A

Q. 麻酔の影響はありませんか?
A. 歯科治療では、抜歯などのほかにも、無痛的に治療を行うために局部麻酔を行います。その使用に関しては通常の量であれば、母胎・胎児共に影響はありません。

Q. X線(レントゲン)撮影は影響ありませんか?
A. 病気の診断にX線撮影がどうしても必要になる場合があります。このような時、胎児への影響が心配になるのは当然です。しかし、歯科で一般に行われる被爆線量は、一年間に受ける自然放射線の被曝線量に比べても、比較にならないほど低いのです。撮影装置も改良され、好感度フィルムも普及しています。また、撮影時には鉛入りの防護エプロンを使用しますので、胎児への影響はほとんどありません。

Q. 薬を飲んで影響はありませんか?
A. 一般に歯科で投与される薬は、「痛み止め」と「化膿止め」が主です。薬は妊娠初期に影響が出やすいので、妊娠中には歯科の薬だけでなく、一般の薬も飲まないにこしたことはありません。薬は歯科医師が治療の有益性が副作用等のリスクを上回ると判断した上で投与されます。できるだけ安全性の高いものを、必要最小限の量と期間で投与することにしています。

Q. 妊娠中や出産直後の治療は可能ですか?
A. 妊娠も出産も全て生理的な営みですから、ほとんどの治療が可能です。痛みなどをがまんしてすとれすをためるより、悪いところは早めに治した方がストレスがなくなり、かえって母胎にも胎児にも良いと考えられます。

Q. 妊娠すると胎児にカルシウムをとられますか?
A. 「子供にカルシウムをとられてしまって歯がダメになった」というお母さんがよくおられますが、そのようなことはありません。妊娠をきっかけに食生活の変化や口の中の掃除を怠ったために、虫歯や歯周病になったと考えられます。

Q. 妊娠すると虫歯になりやすいの?
A. 妊娠中、つわりなどによる吐き気のために口の中が清潔に保てなくなったり、食事・間食が不規則になったり、唾液の量が少なくなったり、口の中のPH(ペーハー・水素イオン濃度)が酸性に傾いたりして虫歯が発生しやすい状態になります。歯科医院で衛生指導をうけて、普段から口の中を清潔に保つことが必要です。

Q. 妊娠すると歯周病になりやすいの?
A. 妊産婦の約半数に妊娠性歯周炎という歯周病がみられるといわれています。妊娠すると歯肉に炎症を起こしやすくなり、出血しやすくなります。不潔にしていると炎症は広がりますので、早い時期から口の中を清潔に保つ習慣を身につける必要があります。

Q. 妊娠中の歯磨きは?
A. 妊娠すると口の中のPHが酸性に傾いたり、唾液の粘性が増したりして虫歯になりやすくなります。また、毛細血管が敏感で出血しやすく、歯周炎を起こしやすくなります。日頃からきちんとした歯磨きの習慣をつけておくことが大切です。つわりで歯磨きがしにくい場合は、ヘッドが小さい歯ブラシの使用をお勧めします。また、歯磨き粉はなし、もしくは少量使うと気持ち悪さが少なくなります。不明なことがあれば、当医院で衛生指導を行っておりますのでお申し付けください。

診療所案内
地図・院内・託児施設
診療方針・スタッフ
インプラントセンター
相談コーナー
インターネット初診予約
治療案内
インプラントってなに?
インプラントと入れ歯の違い
インプラント治療の流れ
インプラントQ&A
PMTCとフッ素で虫歯予防
小児歯科について
歯周病ってなに?
審美歯科ってなに?
歯を白くするホワイトニング
歯並びを治す矯正歯科
治療費のご案内
医療費控除
さまざまなお口の問題
虫歯の原因について
トラブルをまねく親知らず
金属アレルギーテスト
咬み合わせについて
根の病気と治療
乳歯 シーラント 指吹い
妊娠と歯の治療について
口臭の原因と治療について
ナイトガードで
 歯ぎしり・くいしばりを改善

知覚過敏・歯肉がさがる
予防、治療法の紹介
歯科ドック
3DS 最新の予防治療方法
カリソルブ(最新のう蝕除去液)
ブラッシングをマスターしよう
口唇の筋力トレーニング

曜日診療時間
月〜金AM 10:00 〜 13:00 PM 14:30 〜 20:00
土・日AM 10:00 〜 13:00 PM 14:00 〜 17:00
ご予約は 044-751-8217 または インターネット初診予約 をご利用ください

〒211-0053 神奈川県川崎市中原区上小田中5-2-5 ラウム武蔵中原1F(地図
Copyright© 医療法人社団 玲瑠会 ラウムデンタルクリニック 044-751-8217